(最終更新日:2018-01-12 18:13:52)
  シカナイ ヒロキ   Hiroki Shikanai
  鹿内 浩樹
   所属   北海道医療大学  薬学部 薬学科 薬理学(臨床薬理毒理学)
   職種   助教
■ ホームページ
   http://www3.hoku-iryo-u.ac.jp/courses/1/013/index.html
■ 現在の専門分野
薬理学, 生理学, 神経科学 (キーワード:神経薬理学、行動薬理学、神経精神薬理学、電気生理学、神経解剖学) 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~  精神疾患モデル動物の示す行動変容の神経基盤解析 個人研究 
2. 2017/04~2018/03  新しい作用機序の注意欠如/多動性障害治療薬の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2017/04~2019/03  注意欠如/多動性障害の神経基盤解明に向けた脳神経回路のin vivo機能解析 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2016/04~2017/03  脳神経ネットワークの包括的機能解析 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2015/04~2017/03  前頭前野における興奮性シナプスに着目した注意欠如/多動性障害の病態生理解明 その他の補助金・助成金 
全件表示(7件)
■ 研究経歴
1. 2006
2008
北海道大学大学院 医学研究科 医科学専攻修士課程 修了 (薬理学)
2. 2008
2012
北海道大学大学院 医学研究科 医学専攻博士課程 修了 (薬理学)
3. 2016
2017
英国オックスフォード大学 薬理学講座
■ 職歴
1. 2012/04~ 北海道医療大学 薬学部 薬学科 薬理学(臨床薬理毒理学) 助教
■ 所属学会
1. 2006/10~ 日本薬理学会
2. 2015/04~ ∟ 学術評議委員
3. 2011/07~ 日本神経精神薬理学会
4. 2011/11~ Society for Neuroscience
5. 2012/06~ 日本生理学会
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  N-methyl-D-aspartic acid receptor dysfunction in the prefrontal cortex of stroke-prone spontaneously hypertensive rat/Ezo as a rat model of attention deficit/ hyperactivity disorder (共著) 2018/01
2. 論文  The impairment effect of gonadal hormone in the critical period on serotonergic system in the limbic area of adult rats (共著) 2016/03
3. 論文  Metaplastic regulation of the median raphe nucleus via serotonin 5-HT1A receptor on hippocampal synaptic plasticity is associated with gender-specific emotional expression in rat (共著) 2014/01
4. 論文  Subanalgesic ketamine enhances morphine-induced antinociceptive activity without cortical dysfunction in rats (共著) 2013/09
5. 論文  Early life stress affects the serotonergic system underlying emotional regulation (共著) 2013/09
全件表示(14件)