(最終更新日:2018-02-01 14:17:42)
  ウルシハラ コウジ   urushibara kouji
  漆原 宏次
   所属   北海道医療大学  心理科学部 臨床心理学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:学習心理学、連合学習、随伴性判断、因果推論) 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1994/04~  連合学習のメカニズムに関する実験的検討 個人研究 
■ 所属学会
1. 1996/09~ 日本心理学会
2. 1998/05~ 日本動物心理学会
3. 2003/03~ 東部心理学会
4. 2004/09~ パブロフ学会
5. 2005/04~ 日本教育心理学会
全件表示(7件)
■ 共同研究希望テーマ
1. 連合学習理論の応用
■ 著書・論文歴
1. 著書  学習心理学における古典的条件づけの理論―パブロフから連合学習研究の最先端まで―
第5章 SOP・AESOP理論 (共著) 2003
2. 著書  学習心理学における古典的条件づけの理論―パブロフから連合学習研究の最先端まで―
第9章 時間的符号化仮説 (共著) 2003
3. 論文  Inhibition and facilitation by B over C after A+, AB-, and ABC+ training with multimodality stimulus combinations. (共著) 1999
4. 論文  ラットにおける古典的二次条件づけ場面での一次条件刺激・無条件刺激間の時間関係の効果. (共著) 1999
5. 論文  Classical backward conditioning in the second-order conditioning in rat’s conditioned suppression. (単著) 2000
全件表示(34件)